JP / EN
img_main_ginza_gallery

Kudo Original Photo Co., Ltd.・Akitoshi Kudo

2017年12月19日(火)〜2018年2月24日(土)
休廊日:12月27日(水)〜1月4日(木)、1月14日(日)、1月28日(日)、2月11日(日)、2月18日(日)
10:30〜19:00 ※12月26日(火)は16:00まで

KHギャラリー銀座では、このたび展覧会
「コシノヒロコデザイナー歴60周年記念出版完成披露展覧会
HIROKO KOSHINO |it is as it isあるがまま なすがまま」を開催します。


この書籍は、1978年から2017年秋冬までのコレクションルックと長年描き溜めてた絵画を一挙に掲載したものです。


本展では、書籍を装幀したグラフィックデザイナーの三木健がギャラリー全体の空間構成をデザインします。


書籍に納められた「空」「然」「素」「組」「耕」「遊」「色」の7章を、8メートルに及ぶ立体的な表現とオブジェにより、ヒロココシノの理念を可視化します。また、コレクション作品と絵画により「HIROKO KOSHINO」の世界をご覧いただきます。さらに洋服と絵画の制作現場を再現し、創作への情熱が直に感じられる空間を創り出します。


コシノヒロコが問い続けてきたのは、「真の豊かさ」。そのライフスタイルは、ファッションやアートはもちろんのこと、衣・食・住・遊・休・知・美の日本の文化と重ねつつ、広く他国の文化も柔軟に受け入れる独自の世界を作り続けることでした。そしてその歴史と思想を社会に還元し、次の世代へ伝えていきたいと語ります。モードとアートを自由に往来する、コシノヒロコの集大成となる本と、創作の軌跡をどうぞご高覧ください。


_390

shoseki_ku6_390

2017年10月10日(火)〜12月10日(日)
10:30〜19:00
休廊日:
10月15日(日)、29日(日)
11月5日(日)、19日(日)
12月3日(日)

KHギャラリー銀座では、このたび展覧会「衣の中に見る世界」を開催します。ファッションデザイナーとして60年のキャリアを誇るコシノ。現在も年に2回のコレクションを発表し、時代に先駆けた美しさを提案し続けています。一方で、近年は精力的に絵画作品を発表し、ファッションとアートの両面から独自の世界を創り上げています。本展では、歴代のコレクションから選ばれた洋服作品を「質、形、色」という絵画の造形要素から再解釈した3つの部門で展示し、アートの視点からファッションを捉え直します。平面的で透明なアクリルケースの中に洋服作品を閉じ込めたシリーズでは、作品ごとの素材の違いや、手の込んだ装飾、絵画のような構成といった「質」をつぶさに見ることができます。また他方では、一着のドレスから発想した「形」が無限に広がるオプティカルなインスタレーションを展開します。さらにカラフルなスタイル画ジクレーをKHギャラリーで初公開し、小さな世界の中にきらめく「色」をご覧いただきます。


歴代の洋服作品に「絵画」を見出すことは、ファッションとアートの融合をさらに進める一歩となるでしょう。人のかたちを超えて感覚世界を拡張する、今までにない試みをご高覧ください。

30_衣の中に見る絵画_入校out

2017年9月6日(水)〜9月30日(土)
10:30〜19:00
休廊日:9月17日(日)、24日(日)

KHギャラリーでは、このたび「コシノヒロコ The Nature」を開催します。
コシノの絵画作品に現れる、なにかの痕跡や発掘した鉱石のような色とかたち。
本展では華やかな色彩の作品とは対照的な、大自然と時間経過を感じさせる重厚な風格の作品群を集めました。
金や銀、黒を使った渋い色彩の作品は、装飾性を超えて、鉱物や天体のような、遥か昔からある自然物に似た佇まいを備えています。またレリーフ状の作品に見られるかたちと影は、時の経過が作り出した地形のようにも見えます。質感へのこだわりが、その微細な空気感を生み出しています。


描くうちに自然の表情へと近づいていくこと。そして古くからあるものを再構築し、新しいものへ導くこと。それらは人工的なものが大量生産される現代では、貴重な美学です。自然の中にある悠久の時間を想像してください。

#01667_400

《WORK #1667》

PREV