JP / EN
img_main_ginza_gallery

Kudo Original Photo Co., Ltd.・Akitoshi Kudo

2019年1月21日(月)~3月16日(土)
10:30~19:00
休廊日:1月27日(日)、2月3日(日)、17日(日)、3月3日(日)

KHギャラリー銀座では、このたび展覧会「小篠弘子×HIROKO KOSHINO —アートとデザインの循環—」を開催します。


ファッションブランド「HIROKO KOSHINO」を手がけるコシノヒロコ。


その創作の原点には、18歳の頃に画家を夢見ながら、デザインの世界に進んだ若き日の「小篠弘子」の姿があります。


スタイル画に絵画の面白さを見出して以来、コシノはデザイナーとして最前線に立ち続けました。本展では膨大な作品群から選ばれた洋服を紐解き、アートとデザインの密接な関係を紹介します。


オリジナルデザインのテキスタイルを使用した洋服と、そのテキスタイルをコラージュして描いた絵画。さらにその絵画を布にプリントして作られた洋服。かたちを変えて発展していくイメージを、巨大な額を使ったインスタレーションで表現します。また、デジタル技術で手描きの絵を布地に再現したテキスタイルや、布に直接絵を描いた貴重な洋服などを展示。さらに洋服作りの原点となるスタイル画のジクレーを特別販売します。
平面と立体、静と動、アナログとデジタル。異なるものをつなぎ合わせ、境界なく広がり続ける、終わりなきアートとデザインの循環をご覧ください。

35_Top_1204_390

コシノヒロコ《WORK #1204》

35_2013AW_390

HIROKO KOSHINO《2013年 AWコレクション作品》

2018年11月16日(金)〜 12月26日(水)
休廊日:毎週日曜日
10時30分~19時(最終日は17時まで)

KHギャラリー銀座では11月16日(金)より「コシノヒロコ常設展-Abstract Paintings-」を開催いたします。

2018年10月9日(火)~11月4日(日)10:30~19:00
※10月18日(木)は18:00まで
休廊日:10月21日(日)、28日(日)

KHギャラリー銀座では、このたび展覧会「特別展示 コシノヒロコ中原淳一へのオマージュ」を開催します。


中原淳一は1930年代から雑誌の表紙絵や挿絵を手がけ、大きな瞳と洗練された装いの女性像で注目を集めました。
そして戦後、大きく時代が変わりつつある中で、雑誌やスタイルブックなどを創刊。挿絵、編集、デザインと多彩な才能を開花させ、多くの女性たちを魅了しました。
コシノヒロコもまた、多感な時代に中原の作品に触れ、多大な影響を受けたと語ります。
本展では雑誌『それいゆ』の表紙絵やスタイルブックの原画など、貴重な中原の絵画5点を特別に展示します。そしてコシノは中原に捧げるオマージュとして、横顔の肖像画をはじめとするさまざまな女性像を描きます。
和紙に墨を用いて、にじみやかすれ、濃淡を使い分けて描かれる個性的な女性たち。自身のサインに添えて描くこの横顔は、強い意志を持ち、自分らしさを大切にする女性のシンボルといえるでしょう。戦前から戦後にかけて、品格ある女性の美しさを描き続けた中原淳一。女性の豊かな生き方を追求した先駆者に、オマージュを捧げるコシノヒロコ。時代の先を見つめた、女性たちのまなざしをご高覧ください。


※会期中、一部の作品について展示替えを行います。

34_press_ol

中原淳一《表紙原画 『それいゆ』第31号 秋号》

Top_390_HK_横顔_7

コシノヒロコ 《WORK #1873》

PREV