JP / EN
img_main_ginza_gallery

Kudo Original Photo Co., Ltd.・Akitoshi Kudo

2019年4月2日(火)~ 6月8日(土)
10:30~19:00*4月27日(土)は13:00から開廊
休廊日:日曜日、5月1日(水)

KHギャラリー銀座では、このたび展覧会「コシノヒロコ展伝統芸能の新たなる創造」を開催します。幼少の頃から祖父に連れられて歌舞伎を見て育ち、さまざまな日本の伝統文化に親しんできたコシノ。特に長年研鑽を積む長唄三味線では杵勝会に所属し、名取となるほどの腕前です。そして本年4月末に東京歌舞伎座で開催される長唄杵勝会の全国大会では「抄曲集」の舞台背景画を担当します。本展ではその原画となる新作墨絵を中心に、伝統文化にまつわるコシノの創作を紹介します。長唄の名曲に合わせて描いた舞台背景原画では、多彩な墨の世界を表現。これらの作品はセーレン株式会社の技術によって大型幕にプリントされ、大会のクライマックスを彩ります。また演奏会で着用するためにコシノが直筆で絵付けした着物を併せて展示。


さらに、2018年に行った福井県鯖江市での展覧会の際に絵付けした漆器を披露します。本展で発表する作品群は、日本の伝統芸能や文化を心から愛してきたコシノだからこそ生まれたコラボレーションです。古くからあるものの価値を現代の感性で捉え直すことで、人々に身近に感じてほしいという願いを込めた、新たなる創造をご高覧ください。

hk_dentou01_390

コシノヒロコ《 WORK #1989 》

hk_dentou02_390

コシノヒロコ《 WORK #1991 》

2019年1月21日(月)~3月16日(土)
10:30~19:00
休廊日:1月27日(日)、2月3日(日)、17日(日)、3月3日(日)

KHギャラリー銀座では、このたび展覧会「小篠弘子×HIROKO KOSHINO —アートとデザインの循環—」を開催します。


ファッションブランド「HIROKO KOSHINO」を手がけるコシノヒロコ。


その創作の原点には、18歳の頃に画家を夢見ながら、デザインの世界に進んだ若き日の「小篠弘子」の姿があります。


スタイル画に絵画の面白さを見出して以来、コシノはデザイナーとして最前線に立ち続けました。本展では膨大な作品群から選ばれた洋服を紐解き、アートとデザインの密接な関係を紹介します。


オリジナルデザインのテキスタイルを使用した洋服と、そのテキスタイルをコラージュして描いた絵画。さらにその絵画を布にプリントして作られた洋服。かたちを変えて発展していくイメージを、巨大な額を使ったインスタレーションで表現します。また、デジタル技術で手描きの絵を布地に再現したテキスタイルや、布に直接絵を描いた貴重な洋服などを展示。さらに洋服作りの原点となるスタイル画のジクレーを特別販売します。
平面と立体、静と動、アナログとデジタル。異なるものをつなぎ合わせ、境界なく広がり続ける、終わりなきアートとデザインの循環をご覧ください。

35_Top_1204_390

コシノヒロコ《WORK #1204》

35_2013AW_390

HIROKO KOSHINO《2013年 AWコレクション作品》

2018年11月16日(金)〜 12月26日(水)
休廊日:毎週日曜日
10時30分~19時(最終日は17時まで)

KHギャラリー銀座では11月16日(金)より「コシノヒロコ常設展-Abstract Paintings-」を開催いたします。

PREV