JP / EN
コシノ ヒロコ
大阪府岸和田市生まれ。
祖父の影響で幼少時より美術や伝統芸能に親しみ、
大阪府立岸和田高校在学中に美術部で絵画を学ぶ。
高校卒業後に上京し、文化服装学院でデザインを学びつつ、
スタイル画の大家、原雅夫氏に 師事。
デザイナーとして第一線で活躍する傍ら、水墨画や絵画の制作に取り組んできた。
近年は テキスタイルなどさまざまな素材を用い、新たな手法にも挑戦しつつ、
表現の幅を広げている。
    1994年 大阪・近鉄アート館にて開催した「コシノヒロコ展」にて、書と水墨画を発表。
    2002年 水墨画を中心とした「仄かと閃き」展を、東京・原宿、九州・小倉井筒屋にて開催。
    2003年「コシノヒロコの仕事展」(大阪・近鉄アート館)にて、水墨画を発表。
    2004年「コシノヒロコ展」(芦屋市立美術博物館)にて、水墨画と書、絵画を発表。
    2005年「コシノヒロコ展 —アートワークを中心に」(大阪・アートコートギャラリー)にて、書、墨象、絵画を発表。
    2006年 4月 大丸ミュージアム・東京にて、コシノヒロコ、老舗呉服店・誉田屋源兵衛、建築家・隈研吾らとのコラボレーション
         による「襲展」を開催。伝統工芸である小石丸を使用したきもの・帯に直接筆を入れデザイン。
         8月 上越市の小川未明文学館市民ギャラリーで開催の「蓮 —コシノヒロコ展」にて蓮をモチーフとした絵画作品を発表。
        11月 老舗百貨店鹿児島山形屋にて「コシノヒロコ展」を開催、絵画と書を発表。
    2008年「コシノヒロコが描く世界」(広島・筆の里工房)にて、絵画、墨象、水墨、書を発表。
    2010年 3月 Carrousel du Louvre(カルーゼル・デュ・ルーブル)、
        10月 パリのCité de l’architecture & du patrimoine(建築・文化遺産博物館)にてファッションとアートが融合した
        展覧会を開催。
    2011年 Musée des Arts Décoratifs(パリ装飾芸術美術館)にてファッションとアートの展覧会「Hiroko Koshino Creations
         2011」を開催。
    2012年 パリ、マレ地区のギャラリー Galerie Hors-Champs(ギャルリー・オーシャン)にて画家として初の絵画個展を開催。
    2012年 9月 東京・銀座に自身のアート作品を発表する場としてKHギャラリー銀座をオープン。
    2013年 5月 安藤忠雄氏の設計による旧自宅を改装し、KHギャラリー芦屋としてオープン。

         大阪・阪神梅田本店美術画廊にて個展「コシノヒロコ 絵筆で紡ぐアートの世界」を開催。
         大丸心斎橋店特選ギャラリーにて個展「コシノヒロコ 絵筆の贈り物」を開催。
    2014年 パリ、サン・ジェルマン・デ・プレ地区のギャラリー Galerie Nicolas Deman(ギャルリー・ニコラ・ドゥマン)にて
         個展開催。
        「BIWAKOビエンナーレ 2014」にて、絵画とインスタレーション作品を発表。
        大丸京都店美術画廊にて個展「コシノヒロコ 絵筆の贈り物」を開催。
    2015年「淡路花博 2015 花みどりフェア」にて、ファッションとアートが融合した展覧会「HIROKO KOSHINO EXHIBITION
        ーコシノヒロコ展 ー」を開催。

HORPKO KOSHINO BRAND SITE
コシノ ヒロコ

Photo by Michel Fraile