JP / EN
KHG_Web_Ashiya_Top

ASHIYA GALLERY

KHギャラリー芦屋は、コシノヒロコのアート作品を静謐な雰囲気のなかでじっくりとご鑑賞いただける美術館のようなギャラリーです。
安藤忠雄氏の設計による力強い空間の中で、コンクリート打ち放しの壁面と絵画のコントラストが、自然光の演出によって時間と共に移ろって行きます。
また、大きな窓から垣間見る豊かな自然は、週末には必ずこの地に戻り制作に励むコシノヒロコの創作活動の源泉でもあります。
なお、当館は予約制で公開しております。(日曜日のみ予約不要でご覧いただけます。)
毎週水曜日休館、その他イベントや悪天候などにより臨時休館する場合もありますのでご了承ください。

下記【入館予約申込】ボタンよりフォーム記入の上ご予約ください。

入館予約申込フォーム
2018年11月11日(日)〜2019年2月10日(日)
11:00〜16:00
休館日:水曜日、12月25日(火)〜1月12日(土)、その他イベント時
予約制公開:当ウェブサイトの「ASHIYA GALLERY」ページから【入館予約申込フォーム】にて必要事項をご入力の上、
お申し込みください。なお日曜日のみ予約不要でご覧いただけます。

KHギャラリー芦屋ではこのたび「コシノヒロコのうつわ展」と題して、さまざまな出会いを元にコシノが制作した「うつわ」を紹介します。伝統的な陶器の産地では、かねてから親交のあった作家の技術に触れながら、コシノらしい造形や色彩、絵画技法を発揮しました。金沢の大樋焼の窯元、十一代大樋長左衛門氏の元では、洋服作りのように平面的な土をカットして立ち上げたシリーズを制作。また萩焼の陶芸家納冨晋氏が制作した「青萩」と呼ばれる青い皿には、カラフルな色彩と線描で絵付けを施すコラボレーションを試みま
した。
さらにプロダクトの開発にも取り組み、2017年には陶磁器メーカー、ニッコー株式会社と協働し、墨絵をモチーフにした「墨の瞬」シリーズをデザイン。
2018年夏には鯖江市の伝統的な地場産業である越前漆器に、金銀の絵具を用いて絵付けを施しました。これらを通してコシノは、アートを暮らしの中に取り込むことを目指しています。
本展ではさまざまなうつわが一同に会し、絵画とともに展示されることで、様式にとらわれないコシノの自由な感性をご覧いただけることでしょう。日本が誇る歴史ある文化と現代的な感覚の出会いをお楽しみください。
協力:
十一代大樋長左衛門(大樋年雄)/大樋焼
納冨晋/萩焼
越前漆器協同組合/越前漆器
ニッコー株式会社/洋食器「墨の瞬」シリーズ

#01489_390

コシノヒロコ《WORK #1489》

urushiHK_web_390

コシノヒロコ 《絵付け越前漆器》

2018年10月21日(日)〜 11月8日(木)
11:00~16:00(入館は15:30まで)
*毎週水曜日休館、その他イベントや悪天候などにより臨時休館する場合もあります。

予約制公開:下記【入館予約申込】より必要事項をご入力の上、ご予約ください。
なお日曜日のみ予約不要でご覧いただけます。

【入館予約申込】

2018年8月20日(月)〜10月15日(月)
11:00~16:00(入館は15:30まで)
*毎週水曜日休館、その他イベントや悪天候などにより臨時休館する場合もあります。

予約制公開:当ウェブサイトの「ASHIYA GALLERY」ページから【入館予約申込フォーム】にて必要事項をご入力の上、お申し込みください。
なお日曜日のみ予約不要でご覧いただけます。

Ashiya_Permanent_IMG_2845_390

Ashiya_Permanent_IMG_2846_390

PREV