JP / EN
KHG_Web_Ashiya_Top

ASHIYA GALLERY

KHギャラリー芦屋は、コシノヒロコのアート作品を静謐な雰囲気のなかでじっくりとご鑑賞いただける美術館のようなギャラリーです。
安藤忠雄氏の設計による力強い空間の中で、コンクリート打ち放しの壁面と絵画のコントラストが、自然光の演出によって時間と共に移ろって行きます。
また、大きな窓から垣間見る豊かな自然は、週末には必ずこの地に戻り制作に励むコシノヒロコの創作活動の源泉でもあります。
なお、当館は予約制で公開しております。日曜日のみ予約不要でご覧いただけます。

下記【入館予約申込】ボタンよりフォーム記入の上ご予約ください。

入館予約申込フォーム
2017年4月1日(土)〜9月17日(日)
11:00〜16:00
水曜日休館
夏季休館:8月11日(金・祝)〜 8月20日(日)

予約制公開:当ウェブサイトの「ASHIYA GALLERY」ページから【入館予約申込フォーム】にて必要事項をご入力の上、お申し込みください。
なお日曜日のみ予約不要でご覧いただけます。

2017年度、KHギャラリー芦屋では「コントラスト」をテーマに、コシノのクリエイションの中にあるさまざまな対比をご覧いただきます。ひとつの場所に留まらず表現手法を変化させるコシノは、一見まったく真逆の世界観を持ち合わせ、作品として仕上げてきました。
あるときは静かなる枯淡の世界を墨で描き上げ、またあるときは鮮烈な色彩で見るものの感情を動かす。「静と動」の間を揺れ動く絵画作品群は、さながら生のバイオリズムを体現するかのようです。
また本展では、KHギャラリー芦屋において初めて「ファッションとアート」の対比を試みます。インスタレーションに組み込まれた洋服たちは、アートとの出会いによって新たな命を吹き込まれます。
平面に閉じ込められた絵画の美、軽やかでエレガントな洋服の美、それらを包み込む、安藤忠雄氏設計の厳かな建築の美。際立った個性を持つこれらすべてが相互に関わり合い、競い合うことで立ち現れる美しいコントラストを、春から夏へと大きく躍動する自然の景色と共にお楽しみください。

KHGA_contrast_Top390_1

KHGA_contrast_Top390_2

2017年2月17日(金)− 3月27日(月)
11:00〜16:00
火・水・木曜日休館
《予約不要》

KHギャラリーでは、このたび展覧会「きものことはじめ −コシノヒロコの着物展−」を、銀座と芦屋の2会場で開催します。
祖父が呉服店を営み、幼少から着物や伝統芸能に慣れ親しんできたコシノ。その結びつきは深く、何度も作品のインスピレーション源になっています。そして10年以上前から、折に触れて手描きの着物を制作し、大切に着てきました。描いたものを自ら身に纏うことは、アートとファッションの究極の融合と言えるでしょう。これらの着物は、松や竹、桜などの日本の伝統的なモチーフが軽やかな筆さばきで描かれていることで、絵画としても鑑賞できる存在感を放っています。本展ではその秘蔵の着物と書、絵画を組み合わせ、スタイリッシュな空間を創り上げます。

芦屋展では、ギャラリー空間の中でも特徴的な和室と、曲線を描く壁面の部屋に着物を展示。安藤忠雄氏設計の空間に降り注ぐ柔らかな光の中に佇みます。また油彩画を中心に最新の絵画作品が揃い、「日本文化の美」とのコントラストが立ち現れます。

着物は時代を超えるもの。手描き着物を通じて、新しい時代における日本文化とライフスタイルを、コシノは提案しています。「日本」を捉え直し、世界へ発信していく気運の高まる2017年。ぜひKHギャラリーで、日本の美に包まれた空間をご堪能ください。

【*2017年2月17日(金)− 3月27日(月)のプレ企画展開催時は予約不要でご覧いただけます。火・水・木曜日休館】

KH ギャラリー芦屋 兵庫県芦屋市奥池町17-5
JR芦屋駅6番、または南口のりば、阪急芦屋川駅6番のりば、阪神電鉄芦屋駅4番のりばより、阪急バス80系統または81系統にて「奥池」バス停下車(所要時間20〜25分)。
バス停脇の階段を上がった先の右側の建物です(徒歩2分)。
※ 駐車場の設備はございません。
※ 阪急バス運休時は休館とさせていただきます。
TEL 0797-63-5678(開館中)

kimono_ashiyaDB

IMG_3888DB

2016年8月15日(月)− 12月23日(金・祝)

秋色深まりゆく季節に、温かく包み込むような絵画を。KHギャラリー芦屋、2016年度第二期展示のテーマは「大地のみる夢」です。

燦々と輝く金や赤、雲のようになめらかな白、そして石膏や厚紙による、地表のようなマチエール。それらは絵画の中に表れた、「母なる大地」を思わせる生命力のシンボルです。さまざまな素材を巧みに操るコシノの魔法は、観るものに夢を届けてきました。太陽のように輝き、はつらつと自分の道を生きてほしい。それは創造の意欲あふれる絵画に込められたエールです。

本展では暖色や中間色を用いた、表情豊かな作品たちが躍動します。アウンサンスーチー氏の生涯に感銘を受け、祈りの手が描かれた油彩画や、大地の色と起伏を思わせる大作が、無機質なギャラリー空間に彩りの風を吹き込みます。そしてこのたびKHギャラリー芦屋では初めて、洋服のスタイル画を展示。絵画とファッション、二つの領域を自在に行き来するコシノの旅路を想像していただくことができるでしょう。実りの秋を迎え、やがて冬が訪れる季節にふさわしい温かな空間を、移ろいゆく樹々の色彩とあわせてお楽しみください。


KHギャラリー芦屋 2016年度第二期展示「大地の見る夢」
・会期:2016年8月15日(月)− 12月23日(金・祝)
・予約制
予約方法:当ウェブサイトの「ASHIYA GALLERY」ページから、【入館予約申込フォーム】にて必要事項をご入力の上、お申し込みください。

#01478_H.P

コシノヒロコ《WORK #1478》油彩/パネルにキャンバス 2015年

#0386FB

コシノヒロコ《WORK #386》スタイル画 2007年

PREV